ビューティーカフェについて

青の花茶は飲むだけで心も体もスッキリ!口コミは嘘?効果は本当?

青の花茶は、ダイエットの大敵であるためこみ体質を改善してくれるお茶です。
人の体はストレスを抱えていたり、睡眠不足で無理なダイエットを行うと、危険と感じて脂肪を蓄える作用が働いてしまいます。
そのためダイエットには、体のめぐりを良くしてためこみ体質を改善することが欠かせません。
そんな問題を解決してくれる青の花茶の口コミや効果 嘘本当を徹底分析して簡単にまとめてみました!

↓初回販売価格980円で購入することが出来ます↓

ビューティーカフェでは自分にあった商品を専門家に選んでもらう事が出来ます!

厳選されたハーブからできている

青の花茶は、甜茶やアマチャヅル、メグスリノキ、ラフマといった厳選されたハーブからできています。
甜茶は昔から飲まれてきた健康茶で、砂糖の数十倍の甘味を持っています。

ダイエット中にはカロリーが気になるので甘い飲み物を控える人も多いと思いますが、甘い物を我慢しすぎることがストレスになってしまう場合もあります。
甜茶は甘味が強くてもノンカロリーなので、ダイエット中でもカロリーを気にせず安心して飲むことができます。

アマチャヅルにはサポニンという健康成分が含まれており、体のめぐりをしっかりとサポートしてくれます。
サポニンは、緑茶に含まれるカテキンと同様の健康に良い効果を持つ成分です。

メグスリノキは日本にのみ自生する植物で、デトックス効果の高いハーブです。
樹皮や幹、葉などあらゆる部分に健康成分が含まれています。
ラフマは体にためこまれたモヤモヤを解消してくれる成分で、ポリフェノールの一種であるフラボノイドも含んでいます。

チェックポイント

・カロリーを気にせず安心して飲める
・健康に良い効果を持つ成分が含まれている
・体に溜め込まれたモヤモヤを解消してくれる

オリエンタルブルーが特徴

青の花茶の特徴は、南国の海を連想させるような鮮やかなオリエンタルブルーにあります。
青いお茶は、なかなか目にする機会がないのではないでしょうか。

鮮やかなオリエンタルブルーは、リゾート気分にさせてくれます。
青いお茶といっても、人工的な着色料が使われているわけではありません。
花が持つ天然の色素が鮮やかなブルーの元になっています。

この色素は、染料としても利用されてきました。
このオリエンタルブルーは、バタフライピーというハーブをブレンドすることによって生まれます。

バタフライピーは、美容大国のタイで長年愛されてきたハーブです。
また、バタフライピーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。
その量は、アントシアニンが豊富なことで知られるブルーベリーのなんと4倍もあります。
それから青の花茶は、ノンカロリー、ノンシュガー、ノンカフェインなので、安心して飲むことができます。

チェックポイント

・鮮やかなオリエンタルブルーでリゾート気分を味わえる
・鮮やかなブルーの元はブルーベリーの4倍のアントシアニンが含まれているハーブ
・ノンカロリー、ノンシュガー、ノンカフェイン

まとめ

青の花茶は、厳選された天然のハーブからできています。
青い色が特徴のお茶で、これはバタフライピーというハーブによるものです。
バタフライピーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも豊富に含まれています。

それでも効果が心配な方やもう少し安く自分の悩みを解決したい方は一度ビューティーカフェと連携している専門家に相談してみるのがいいかもしれませんね!
こちらから専門家に相談出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です